オージーにとってのテーマパーク

最近知り合いになったオーストラリア人の人が、
週末にディズニーシーに行ったそうです。

そして、感想を聞いたところ、
ディズニーシーはとても楽しかったよ!
といったので、私はまだ行ったことがない!と
伝えたら、是非行くべき!!といわれてしまいました^^:
その人は、夏にも行きたい・・・と言っていたので
夏は暑いよぉ〜〜と言ったら、
たった7〜8時間でしょ??
大丈夫だよ・・・と・・・。

う〜ん、そんなに楽しかったのかぁ〜と
思って関心たのと、楽しい思い出が出来て
良かったなぁ〜と思いました♪

考えてみれば、オーストラリアには、
ディズニーランドやディズニーシーと
言ったテーマパークがなく、有名なテーマパークと
しては、ゴールドコーストにある、
ワーナーマイカル経営のムービーワールド。
そのほかはシーワールドとドリームーワールドが
有名ですね♪

上記3つは、日本語のガイド付きのオプショナル
ツアーも出ているので、日本人にはお手軽ですね♪


また、現地の人たちには、wet"n"wildや
White Water Worldなども人気ですが、
ここは水のテーマパークなので、
夏以外は寒いですね♪

でも、ゴールドコーストに夏に行くなら、
わざわざテーマパークに行かなくても、
ビーチ遊びで十分です♪

そのほかの都市には、テーマパークは
ないので、やはりオージーにとっては、
ディズニーランドや、ディズニーシーは
楽しいところなのかもしれないですね♪

いつでもいけるという気軽さから、
まだ、ディズニーシーには足を運んでませんが、
是非一度行って見たいです♪

I should go !!



オーストラリアのオーガニック製品を見てみよう・・・。

ご無沙汰してしまいました・・・。
先日はオーストラリアのボンダイマーケットの
記事でしたが、今日はRozelleと言うところの
フリーマーケットの事を少し・・・。
ここも、シドニー市内から30分くらいのところです。

ここは、最近話題になってきたところですが、
昔とは比べ物にならないほど、オシャレな街に
なっています。

フリーマーケット主な売り物は、オーガニック
フード系・・・。

オーガニックフードとは??
有機栽培や、有機農法で作られた、食品や
材料ですね♪

日本で言うなら、無農薬とか有機栽培といった
物と同じです♪

例えば、オーガニックで栽培されたフルーツ、野菜、
パン、卵、コーヒー、シリアルなど・・・。

シリアルなどは、余計なものがほとんど加えられて
ないので、日本のコーンフレークなどの味は
有りません。
なので、少し甘みが欲しいなぁ〜と言うときは
蜂蜜を入れたり、バナナを入れたりしています。

バナナとシリアルって結構合うのです♪

そして、オーガニックといえば、エッセンシャル
オイルも見逃せません・・・。

私はオーストラリアのオーガニックの
エッセンシャルオイルを使っていますが、
このまえたまたまラベンダー油を
切らしてしまったので、アメリカで購入しましが、
残念なことに、オーストラリアのオーガニックには
勝てませんでした^^;

なんとなく、香りが軽い感じでした。
ラベンダーと言っても、色々な香りが有るので、
人それぞれの好みがあります。
でも、お肌に付ける物なので、出来るだけ
お肌に負担が少ないものが良いですね♪


食生活全てをオーガニックに頼るのは
今の日本では、かなり贅沢な感じになりますが、
オーストラリアでは、オーガニックは日常生活に
すっかり溶け込んでいます♪

そして、体の中からキレイを作り出していますね♪

オーガニック製品がどんなものがあるのか
シドニー滞在中に時間があったら、是非Rozelleに
遊びに行ってみて下さいね・・・。


オーストラリアのフリーマーケットは便利♪

オーストラリアに週末スティすることがある方は
是非、フリーマーケットを訪れてみてください♪

シドニーで有名なフリーマーケットと言うと
ボンダイビーチで開かれている、ボンダイマーケット。
シドニー大学の近くの町でもあるグリーブで
行われているグリーブマーケット・・・。
そして、地元っこに人気のある、
RozelleやBalmainなど・・・。


今日から数回に分けて、このマーケットの
特徴をちょっとお知らせしたいと思います。

今日は、もう本などで紹介されている
ボンダイビーチで行われているフリーマーケットを・・。

ボンダイビーチマーケットは、雑貨が多かったです。
オーストラリアのちょっと面白い雑貨とか、
東南アジア系のものとか・・・。
あと、アクセサリー系も色々なお店が個性豊かに
有りました^^:


子供のTシャツなどは、フリーマーケットで
2for$10(2枚で10ドルと言う意味でしたね^^:)とかで
で買うととても安く上がりますよ・・。
思わず自分の分まで枚数に入れてしまいますが^^:

女性の方ならば、Kidsサイズで大丈夫だと思います。
ただ、気をつけなくてはいけないのは、やはり西洋人の
子供は頭が小さいのか、Tシャツの頭のところが
若干小さめの気がします・・・。
なので、どれくらいの伸縮性があるかを
確認してから、買ったほうが良いと思います♪

ボンダイビーチへは、市内からバスまたは地下鉄で
行かれますので、行く際にはホテルの人に
行きかたを聞いて、足を運んでみてくださいね♪

フリーマーケットに居ると、時間が過ぎるのを
忘れてしまいます♪
ちょと疲れたら、カフェでカプチーノを飲んで
休憩して素敵な休日を過ごしてくださいね♪


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。