オージーにとってのテーマパーク

最近知り合いになったオーストラリア人の人が、
週末にディズニーシーに行ったそうです。

そして、感想を聞いたところ、
ディズニーシーはとても楽しかったよ!
といったので、私はまだ行ったことがない!と
伝えたら、是非行くべき!!といわれてしまいました^^:
その人は、夏にも行きたい・・・と言っていたので
夏は暑いよぉ〜〜と言ったら、
たった7〜8時間でしょ??
大丈夫だよ・・・と・・・。

う〜ん、そんなに楽しかったのかぁ〜と
思って関心たのと、楽しい思い出が出来て
良かったなぁ〜と思いました♪

考えてみれば、オーストラリアには、
ディズニーランドやディズニーシーと
言ったテーマパークがなく、有名なテーマパークと
しては、ゴールドコーストにある、
ワーナーマイカル経営のムービーワールド。
そのほかはシーワールドとドリームーワールドが
有名ですね♪

上記3つは、日本語のガイド付きのオプショナル
ツアーも出ているので、日本人にはお手軽ですね♪


また、現地の人たちには、wet"n"wildや
White Water Worldなども人気ですが、
ここは水のテーマパークなので、
夏以外は寒いですね♪

でも、ゴールドコーストに夏に行くなら、
わざわざテーマパークに行かなくても、
ビーチ遊びで十分です♪

そのほかの都市には、テーマパークは
ないので、やはりオージーにとっては、
ディズニーランドや、ディズニーシーは
楽しいところなのかもしれないですね♪

いつでもいけるという気軽さから、
まだ、ディズニーシーには足を運んでませんが、
是非一度行って見たいです♪

I should go !!



オーストラリアにも消費税は有る♪

前回の記事でお話したTRF(タックスリターンサービス)にちょっとだけ
関わりますが、オーストラリアにも消費税(GST)と
言うものが有ります。
これを詳しく説明すると、ややこしくなるので、
消費税と人括りにしますね♪

この消費税(GST)と言うのは、日本でも取られるように
なりましたが、日本は全てのものに一律5%となってますが、
オーストラリアの消費税は、生活に最低限必要なものには
消費税が掛かりません・・・。

例えば、生鮮食品とか水道代、下水料、医療費
などは、消費税(SGT)はかからないのです♪
ただし、生鮮食品も調理してあるものには
消費税が掛かります・・・。

スーパーなどで、お買い物をするとレシートに
詳細が載るので、一目瞭然です^^:

もし、あなたがスーパーなどでお買い物をする
機会があるなら、何か調理しないで食べられるもの
例えば、くだものとか・・・。
と、何か調理をしてあるもの、例えばチキンとか
ポテトとかラザニア・・・とかを買ってみて
レシートを見てみるのも良いですね♪

オーストラリアは日本と違い、必要最低限のものには
課税しない・・・と言うところが、とても良いと思います。

食べることや、病院などは生きていくうえでは
必要不可欠ですね♪

その必要不可欠なことに税金をかけないというのは
とても平等だと思います・・・。

日本もこういうところは、取り入れて
生活に必要最低限のものは非課税にして欲しいですね♪

















オーストラリア情報♪

オーストラリアの正式名称は、
コモンウェールズ・オブ・オーストラリアですが、
私たちは通常オーストラリアと呼んでいますね♪。
(漢字では豪州と書きます)

もともとオーストラリアはイギリス領
(ジェームスクックがシドニー近郊の港に上陸し、
領土宣言して以来、正式には1828年以降)
であったため、英語はどちらかと言うと
クイーンズイングリッシュです。
ただし、オーストラリア独自の発音が
あるため、そこはちょっと目を瞑ってくださいね^^;
現在は、独立国家となっています。

オーストラリアは移民を多く受け入れている国なので、
多種多様な文化や人々を見ることが出来ます。

また、オーストラリアからみると、
日本は最大の輸出国家とされています。

最近では、オージービーフなどが店頭に
並ぶようになりましたね♪

オーストラリア国内でも、日本のものを良く見かけます。
特に日本車は人気です♪




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。